• スーパーウェルポイント工法
  • 技術情報
  • 施工実績
  • 資料・論文
  • 会社案内
  • お問い合わせ

ホーム技術情報 > 釜場排水用スクリーンと吸引式小井戸

釜場排水用スクリーンと吸引式小井戸

KAMAスクリーンシリーズ

特徴

SWP工法の応用技術で目詰まり防止に有効なスクリーンを使用

1.軽(KAL)-KAMA(細砂対応)

軽(KAL)-KAMA(細砂対応)

・重量が軽い
・ポリエチレン製でサビないスクリーン
・ウインドースクリーンで特に細砂層に有効
・セパレートタイプでスクリーンと底蓋の取り外しが容易

軽(KAL)-KAMA(細砂対応)

2.重(OMO)-KAMA(巻線スクリーン)

重(OMO)-KAMA(巻線スクリーン)

・スチィール製でタフです
・プラスティック塗布材にてカバーしているため、サビにくい
・Vワイヤーで目詰まり防止に有効

Qin-KAMAシリーズ

3.Qin-KAMA(自吸式浅井戸タイプ)

・SWP工法の技術を参考として負圧伝播で真空吸引し、地中にて吸込む方式の小井戸タイプの井戸です
・設置はバックホウにて水中掘削して立込みます
・スポット的な吸引式釜場として有効

Qin-KAMA(自給式浅井戸タイプ)

4.Qin-KAMA-T(広範囲自吸式浅井戸タイプ)

Qin-KAMAをベースとして当社開発のSWP関連特許のT-Well工法を組み合わせ、地表部の湧水処理として自吸式暗渠パイプ(T-Well)をバックホウにて地中布設し、Qin-KAMAに接続して真空吸引で友好的に排水するシステムです。

Qin-KAMA-T(広範囲自吸式浅井戸タイプ)平面図 Qin-KAMA-T(広範囲自吸式浅井戸タイプ)断面図
お問い合わせ
0197-73-6015
  • メールでのお問い合わせ